山田支隊----上海派遣軍関係
◎上海派遣軍
NEW 飯沼守 少将(参謀長) 飯沼守日記 12月21日
上村利通 大佐(副参謀長) 上村利通 日記 12月21日


飯沼守日記 <抜粋>
いいぬま まもる=上海派遣軍参謀長・陸軍少将21期

◇十二月十四日 快晴
 13Dの山田支隊は途中約千の敗残兵を掃蕩し四・三〇烏龍山砲台占領、高射砲及重砲十余門を鹵獲せり

『南京戦史資料集1』P156

◇十二月十五日 霧深し 快晴
 山田支隊の俘虜東部上元門付近に一万五、六千あり 尚増加の見込と、依て取り敢へす16Dに接収せしむ。

『南京戦史資料集1』P158

◇十二月二十一日 大体晴
 荻洲部隊山田支隊の捕虜一万数千は逐次銃剣を以て処分しありし処何日かに相当多数を同時に同一場所に連行せる為彼等に騒かれ遂に機関銃の射撃を為し我将校以下若干も共に射殺し且つ相当数に逃けられたりとの噂あり。上海に送りて労役に就かしむる為榊原参謀連絡に行きしも(昨日)遂に要領を得すして帰りしは此不始末の為なるへし。

 

『南京戦史資料集1』P164



上村利道日記 うえむら としみち=上海派遣軍参謀副長・歩兵大佐22期

十二月二十一日 晴
(略)
 N大佐より聞くところによれは山田支隊俘虜の始末を誤り、大集団反抗し敵味方共々MGにて打ち払ひ散逸せしもの可なり有る模様。下手なことをやったものにて遺憾千万なり。

『南京戦史資料集2』P268-269