山田支隊・歩兵第65連隊 第3大隊

歩兵第65連隊 第3大隊
本間正勝 二等兵(第9中隊) 戦斗日誌12月13〜18日
G氏 上等兵(第9中隊) 証言
I氏(伊達郡) 伍長(第9中隊) 証言
高橋光夫 上等兵(第11中隊) 陣中日記12月18・19日
関係者の回想(第12中隊関係者?)
八卷竹雄 中尉(第12中隊・長) 証言
F氏(第3大隊) 陣中日記
H氏(西白河郡)下士官(第3機関銃中隊) 証言
下士官(第3機関銃中隊) 証言



本間正勝 戦斗日誌
歩兵第65連隊第9中隊・編成 二等兵

十二月十三日
午前七時出発にて南京に向ふ、牛引き行軍午后六時まで、七時に宿舎に入る、残敵所々居った。

十二月十四日
午前五時出発、体の工合いは良かった、途中降参兵沢山あり、中隊でも五〇〇名余捕慮(虜)す、聯隊では二万人余も捕慮(虜)とした。

十二月十五日
具合悪く一日休養す、中食ぜす(せず)、夕方高木実君面会に来た、夕方自家母より女子出産の報あり、安心する。

十二月十六日
午前中隊は残兵死体整理に出発する、自分は患者として休養す。午后五時に実より塩規錠をもらー、捕慮(虜)三大隊で三千名揚子江岸にて銃殺す、午后十時に分隊員かへる

十二月十七日
午前九時当聯隊の南京入城、軍の入場式あり、中隊の半数は入場式へ半分は銃殺に行く、今日一万五千名、午后十一時までかかる、自分は休養す、煙草二ヶ渡、夜は小雪あり。

十二月十八日
南京見学と支那兵死体整理と中隊は分れる、自分舎内監視に残る、家へ手紙を出す。

『南京大虐殺を記録した皇軍たち』P239〜240



G氏 証言 第9中隊・上等兵

 「南京の捕虜の処置のようなことは2度とやるべきものでも、あるべきものでもない」
「私は謝家橋鎮でマラリアにかかり、南京で城内見学に行く途中発病してしまった。だから、宿舎にいて暇だった。発病する前に一度だけ捕虜収容所の警備をやった。収容所は一〇棟あったが、捕虜は鮨詰め状態だった。この時、一万人といわれていた。食料には非常にこまり、全員には行きわたらなかったが、飯を炊いて少しは与えた。私は捕虜が連行されて行くのを見ただけだが、連行は二日間にわたって行われた。初日は三〇〇〇人連行。『収容所が焼けて入れる所がないので』との理由だった。二日目は七〇〇〇人、『前日と同じ場所に連行した』と聞いた。二日目に連行された捕虜は虐殺されるのを察知していた様子だったというが、暴動が起きたとは聞いていない。しかし、捕虜の中に整理係として入った日本兵が引き揚げないうちに撃ち始めてしまったことは聞いた。」

『南京大虐殺の証明』P139〜140



I氏(伊達郡) 証言 第9中隊所属・伍長

 南京附近で捕虜はかたまって無抵抗で投降してきた。相当年輩の捕虜もおり、十四〜十五歳の若者もいた。敗残兵は少なかったのではないのか。捕虜収容所は幕府山の南側にあり、そこから見た幕府山はなだらかにみえた。山の下に”もろ”があり、捕虜はそこに全部収容した。何日か収容した後、捕虜には『対岸に送る』と説明し、夕方、五人ずつジュズつなぎにして、二日間にわたって同じ場所に連行した。捕虜収容所から虐殺現場までは二〜三キロメートルで、一日目の捕虜連行数は四〇〇〜五〇〇人だった。虐殺現場は二階建ての中国海軍兵舎、一〇メートル位 の桟橋が一本あったが、両日とも桟橋に船はなかった。重機関銃は兵舎の窓を切り、銃口を出した。笛の合図一つで銃撃を開始し、一〇分間位 続いた。銃撃は一回だけだった。重機関銃は三〜四丁あり、軽機関銃、小銃も加わった。この時、我々歩兵は捕虜を取り囲んでいた。死体処理は一日目はその夜のうちに揚子江に流し、二日目は次の日に片付けた。

『南京大虐殺の証明』P139



高橋光夫 陣中日記
歩兵第65連隊第11中隊・第4次補充 上等兵

〔十二月〕十八日 雪 寒し
 午前八時半制(整)列にて各中隊に分類され十二時に中隊第十一中隊に入る、第四次二十二名、これより南京を見学に行こうと思ふが行かれなかった。
 午後には連隊の捕虜二万五千近くの殺したものをかたつけた。

〔十二月〕十九日
 本日も中隊の(以地)位置にて分隊に入る、第一小隊、第二分隊、午前わ(は)死体をかたつけるために前日の地に行く、本日又十六人程度の敗残兵をころした。

『南京大虐殺を記録した皇軍たち』P289


関係者の回想(捕虜収容建物を警備していた第12中隊関係者か?)

建造物は細長く、草屋根のバラックのようなものだった。最初は彼らを捕虜という感じではなく、とにかく投降の意思があるように見えたので、集団でそこに宿営してもらうという感じだった。武装解除はしているが、しかし身体検査をいちいちしたわけではないから、爆薬などを持っていた兵隊がいたかもしれなかった。警戒もそれほど厳重にしていなかったのが仇になり、いっぺんに二むねが全焼し、半分ほどの兵隊に逃亡されてしまった。けれど私たちは、本音をいえば”これで安心”と思ったのです」
「なぜかというと、八千人もいたのでは、地下倉庫から出してきた食糧など、気休めぐらいの少量しかない。彼らは何日か絶食していたらしく、その少量の食糧を奪い合って食うほど飢えていた。そして私たち自身、彼らに食わせるため食糧さがしに血まなこでかけずり回ったほどだったのですから……。それに空腹のあまり暴動でも発生したら、私たちの連隊だけでは抑えきれなくなる心配すらあったからです」

『ふくしま 戦争と人間』p.122


八卷竹雄 中尉
第65連隊 第12中隊・長

「彼らのなかには参謀だと名乗る少佐もおり、彼は一般の兵にまじりながら、つねに毅然とした態度をくずさなかった。彼が内部で指揮をとっていたようにみえる」

『ふくしま 戦争と人間』p.123

「幕府山から江岸までは四キロほどだったと思う。私たちは彼らを開放する目的で四列縦隊で歩かせたが、彼らは目的を知らない。私たちは少数であり、どこで暴走が起こるか、むしろ彼らより緊張していた。はたして途中で彼らの逃亡が始まり、私たちの中隊の兵隊も彼らに連れ去られ、途中で殺されたりした。このような犠牲を払いながらも、ともかく解放のための努力を続けたのです」

『ふくしま 戦争と人間』p.129


F氏 日記 歩兵第65連隊 第3大隊

(一七日)午後にわ聯隊の捕りょ二万五千近くの殺したものをかたつける
(一九日)午後わ死体をかたつけるために前日の地に行く

『南京事件の証明』P145


H氏(西白河郡) 証言 第3機関銃中隊所属・下士官

 揚子江岸に海軍兵学校みたいな建物があり、三階建て位な非常に頑丈なもので、基礎がしっかりしており、前に広場があった。重機関銃を設置するため部屋の中から厚いコンクリートをくり抜き、トーチカのように動かせる範囲に穴をあけた。重機関銃は宿舎から分解して持って行き、前もって設置しておいた。第三機関銃隊は全部参加し、他の中隊の軽機関銃隊も加わった。当時、捕虜のことを『お客さん』と呼んでいた。今日も『お客さん』が来るから準備しておけと。だが、この捕虜がどこから連行されて来たのかは私は知らない。一回の連行が五〇〇〇人位 で、三日間続いた。ピーッと鳴ったら撃てと命令が出ていた。三日間とも日が落ちるか落ちないかの時刻で、連行されてきた捕虜はあきらめがいいのか、虐殺現場での騒ぎはなかった。集団での逃亡もなかった。しかし、虐殺時に少数の逃亡者はみた。二日目からは軍服を濡らして持って行き、冷却しながら撃った。揚子江岸に船などなかった。死体はその日のうちに揚子江に流し、一日目は流れたが、二日目、三日目は死体がたまって流れなくなった。(以上のことをのちにH氏は二日間の出来事と訂正)

『南京大虐殺の研究』P138〜139

 
第3機関銃中隊 下士官 証言

「捕虜の解放は私は考えたこともないし 1回もやりませんでしたね」
「戦略上屠殺する他なかったのかなと…」

「NNNドキュメント'19 南京事件U」日本テレビ、2018年5月13日24:55放送


参考資料

  • 『ふくしま 戦争と人間』福島民友新聞社編、福島民友新聞社
    (1982年10月)
  • 『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』小野賢二ほか編、大月書店
    (1996年3月発行)
  • 『南京大虐殺の研究』編者洞富雄・藤原彰・本多勝一、晩聲社
    (1992年5月1日初版第1刷発行)
  • 「NNNドキュメント'19 南京事件U」日本テレビ、2018年5月13日24:55放送